美容室でちょっと困る事

毛先だけ切ってもらうはずが

美容室でのオーダーの一つに「毛先を揃えてください」とか「傷んでいる所をカットして下さい」という言い方をする事があると思うのですが、そこで起こるトラブルの一つとして「こんなに短くするつもりはなかった」という思いです。これはとても良く効く話の様な気がします。こういう結果になるとお客さんの方は「あの美容室は言った通りにしてくれない」と言うイメージになってしまうかもしれませんが、この結果についてはもしかしたら、美容師とお客さんとの認識の違いがあると思うんですね。それは、お客さんにしてみれば自分が目で見える部分の傷んでいる所をカットしてほしい、という意味でお願いしたわけで、自分が見える範囲と言えば当然毛先の方だけですよね。ところがプロの美容師側からしたら、傷んでいるのは見えている部分だけではない、という事も有るのではないでしょうか。そこで痛みを完全にとるためにカットしていると、お客さんが思っていた長さよりもかなり短くなってしまう、という結果が考えられます。またたとえお客さんに「このぐらいまで切っても良いですか」と尋ねたとしても、お客さんの方はなかなか「いえ、そこまでは切らないでください」とは言えないものですよね。プロがそういっているのに反論するみたいで悪い、というような気持があるのも確かです。
ヘアカタログに掲載されている写真の通りには、どうやってもなれない、と言う事をヘアカタログを眺める時には意識しておかなくてはいけません。そんな事を言われたらヘアカタログを眺める楽しみが無くなってしまいますよね。ですがそれを意識しておかない事で、どんなにヘアスタイルを変えても、どこの川越の美容院に行っても満足できない、と言う人もいるんですね。確かにそのモデルさんと同じに離れないかもしれませんが、そのモデルさんの様な雰囲気に近づける事は出来るのです。そのためには、どのような意識を持ってヘアカタログを眺めて、どういう風に自分に似合うヘアスタイルを見つけたらよいのか、と言う事を知っておく必要がありますね。まずは「これ、素敵!」と飛びつくのではなくて、じっくりと自分の顔の形、顔立ちに似ているモデルさんを探しまよう。友だちと一緒に眺めてお互いどれに近いかを、言い合ってみるのも良い方法だと思います。ヘアスタイルと言うのは、いつも自分が見るものではありません。ほとんどの時間は人に見てもらっているのです。ですから客観的な意見、というのはとても大切です。人から「このモデルさんと顔の形や雰囲気が似ているよ」と言ってもらえる写真があったなら、そのスタイルを候補に入れてみるべきです。