美容室でちょっと困る事

休日の過ごし方

美容師との話題で、面倒くさいな、と思う内容の一つに「休日に何をしているのか」と聞かれる事です。これこそ美容師がそんな事をお客さんに聞いてなんのメリットがあるのか?と言う感じの話題ですよね。単純に美容師さんはお客さんと話をしたくてそういう質問をしているに違いないのですが、この質問は意外とそのあとの会話がはずまない事が多いのではないかな、と思います。一般的には休日と言うのは何もしていない人の方が多いのではないかと思うのです。映画を見るのが趣味、とか旅行に行くのが好き、という人は確かにいますが、それはお休みがたくさんあった時などに楽しむものであって、日頃のお休みに何をしているか?と聞かれても休日までばっちり予定を入れて楽しんでいる人、というのは、そんなに多くは無いと思われます。何をしているか?と聞かれて「特に何も」と答えてしまうとそこで会話は途切れてしまうでしょう。おかげで何となくとてもつまらない答えを発してしまったような気がして、お客さんの方が申し訳ない気持ちになってしまう事もしばしばです。もちろんそこから美容師さんとの趣味が合う事が判って、会話がどんどん盛り上がる、というパターンも有ると思うのですが、なかなかそうもいかない方が多いのではないでしょうか。
美容師さんと会話をする時に、その美容師さんの事をとても気に入っている人ならば、まるで相談相手であるかのように、色々な質問をしたり相談に乗ってもらったりすることも有ると思います。特に仕事の愚痴や恋愛の話まで出来るような間柄であれば、美容室に来るのが本当に楽しくなるのではないでしょうか。ですが多くの人たちは、なかなかそこまでの美容師と出会う事が難しい状況にあると思います。まだまだ美容師との信頼関係が出来てはいない状況で「仕事は何をしているのですか?」と言う質問をされるのは、ちょっと嫌な気持ちになる、と言う人もいます。世の中には普通に仕事をしている人もいれば、特殊な仕事をしている人、わけが合って働いていない人、などライフスタイルは様々です。今の時代仕事に関する事、というのもプライベートの一つだと考えた方が良いでしょう。中には例え教える事が問題ない仕事であったとしても、美容室に来ているときまで仕事の話をしたくは無い、せっかく非日常を味わうために来ているのに、という気持になる人もいると思います。時にはお客さんの方から仕事の話をしてくることも有るでしょう。そういう時には代官山にある美容室美容師さんには聞き役に徹してもらって、思う存分お客さんに愚痴を言わせてあげたり、自慢話を聞いてあげたりするのはとてもいいことだとは思いますけどね。