美容室でちょっと困る事

思い通りの髪型ではなかった

美容室で一番つらいのは、仕上げてもらったスタイルが思い通りのスタイルではなかった場合です。この時に「こんなはずではなかった」「こんなつもりでお願いしたわけではない」とはっきり言える人は、どのぐらいいるでしょうか。勿論明らかに誰が見ても失敗だろう、という場合には、やり直しをお願いする勇気も出るかもしれませんが、多くの人の場合、「なんとなく違う」「何か違う」というあいまいな感じで納得がいかない、という思いだと思うんですね。それを美容師さんに「お似合いですよ」と言われたら、「プロの目から見たら似合っているのかなあ」などと中途半端に納得させられてしまうんですよね。実際の所美容室に行って、自分が払った料金に対してそれだけの価値があった、と思えるほど満足できることって少ないのではないでしょうか。ほとんどの人が、「う〜ん、こんなものかなあ」と言う感じで帰宅している様な気がします。そういう事が何回も続く様であれば、それはその美容師、または美容室との相性が悪いのかもしれません。ただそれでも何となく同じ美容室に通ってしまうのは、また一から美容師室探しをするのが面倒だから、と言う人も多いんですよね。そうはいってもなかなか数回で相性の良い美容師に巡り合えることも、滅多にないんですけどね。
池袋 美容室で働き始めた当初は、その就労時間の拘束の長さや、閉店後の練習や指導などに面食らう人もいるかもしれません。ですがそれは美容師としての覚悟が足りなかった、としか言いようがありません。美容師の世界というのは普通の会社員の生活と比べられるものではありません。そもそも世界が違う、と言っても良いでしょう。ですが逆に美容師の様な世界は他にも多くあります。一般的に言う「技術職」の場合はどこも同じようなものです。つまりいくら一生懸命に勉強してきた人でも、実地で役に立たなくては一人前とはみなされないのです。現場に慣れて、そこでちゃんと自分の技術を発揮できるようになってからこそ、一人前なわけで、極端な言い方をすれば美容室では役に立たない人に対して、お給料を支払って練習してもらっている、という期間が長いのです。ですから早く一人前になって給料分は戦力になってもらいたい、と願うのは当たり前ですし、だからこそ厳しい状況になる訳ですね。そこにいは普通の会社員の感覚でいると通用しない事がたくさんあるわけです。「普通に帰宅できないのが当たり前」「今は美容師ではなくて修行の身であると考えるのがふつう」と言うわけです。もちろんその状況が素晴らしい、というわけではありませんが、実際にはそのような環境で頑張っている技術者の新人さんたちはたくさんいるわけです。